背中ニキビの入浴法!洗い残しや洗いすぎを防ぐ『理想の洗い方』

背中ニキビ用の入浴方法

何か、ずっと治らないんだけど…

 

一度出来たらなかなか治らない
そんな背中ニキビの悩み(>_<)

実は、それ間違った
入浴方法が原因かも?

 

今回は背中やデコルテニキビが悪化しない為の
正しいお風呂の入り方を考えてみました。

汚い背中を遠ざけるための
背中ニキビ対策を見ていきますね。

 

入浴中にあると便利!背中のニキビケアに使えるグッズ

背中ニキビのお風呂

まずはお風呂に入る前。

タオルとか石鹸とか
あると役立つグッズをチェック(*´▽`*)

 

何気なく使っているグッズですが
買い物に行った時に
買い替えるのもアリですよ。

 

① 肌に優しい石鹸の選び方。ボディーソープはダメ?

 

石鹸は何を使っていますか?

CMではよく香り重視のタイプや
汚れを落とす商品が流れていますが

背中ニキビのケアで重視したいのは
肌に優しいかどうかですよね?

 

もともと背中ニキビの原因として
外からの刺激が挙げられますが
その一つに強い成分の入った石鹸も含まれます。

敏感肌や乾燥肌なら特に要注意

 

私はなるべく肌に優しいものを選択してます。
(合わないと痒みが出るので…)

具体的には汚れを吸着するクレイ石鹸
牛乳石鹸なんかを優先することが多いかなぁ。

 

またボディーソープ
あまりオススメできません。

必要以上に皮脂を落としてしまい
乾燥を招いたり
バリア機能の低下の原因となります。

石鹸選びは自分に合うかが最重要ですが
初めは肌に優しい商品から試すと
無駄にニキビが長引くことを防げますよ。

 

あと細かいことをいうとシャンプーも
シリコンシャンプーは毛穴に詰まって
ニキビになりやすいので注意。

石鹸もシャンプーも『汚れを落とす力』が強いと
その分、肌への負担も大きくなります。

(詳しくは 『背中ニキビがある時のシャンプー選び』)

 

② 体を洗うタオルの素材は何がいい?

 

次はタオル選び(^^)
まだまだお風呂には入りません(笑)

タオルに関して注意したいのは
ナイロンタオル系ですね。

 

ナイロン性の生地は皮膚より硬く
摩擦により皮膚を傷つけやすくなります
(ボディブラシも同じく)

ニキビやザラザラを無くしたいからと
汚れを落ちそうなナイロンを使いがちですが
背中ニキビや色素沈着で悩む場合は避けましょう。

 

じゃあ何で体を洗うかといえば
私のオススメは綿、コットンですね。

天然繊維なので肌を傷めにくく
ニキビを擦りすぎる心配もないです。

 

絹や麻でも良いですが
肌に優しいという点でいえば綿。

背中が乾燥しがちだったり
敏感肌の場合は綿から試しましょう。

 

あとは肌をすごく気を付けるなら
タオルを使わずに手洗いという手段もアリ。

手で届く範囲は手で洗って
背中の届かない箇所だけタオルを使うのも
肌への優しい洗い方と言えますね(^^)

 

③ 背中ニキビに役立つグッズとNGグッズ

 

天然繊維のタオルもデメリットがあります。
それが泡立ちにくいこと。

時間がかかったり
石鹸が泡立たずに
使いづらいんですよね(;´∀`)

 

そこで私が愛用してるのが
泡立てネットです。

100均やスーパーなど
どこでも売ってるものですが
これメッチャ役立ちます(*´▽`*)

 

石鹸や洗顔料も10秒いらずで
モコモコきめ細かい泡が出来ますし
それで体も洗いやすいんですよね~♪

お風呂は毎日のことなので
なるべく泡立ても時短した方が
イライラせずにすみますよ(笑)

 

 

逆に要注意なのが入浴剤

入浴剤は種類が豊富で
効能もさまざまです。
買う側も把握しきれません。。

もちろん温泉成分が入っていたり
皮膚の炎症を抑える成分が入った
背中ニキビに良さそうなタイプもあります。

 

…が敏感肌や乾燥肌の場合は
これらの入浴剤は使うのに慎重であるべき。

自分に合ったものを
見つけるまで時間がかかりますし
ヒリヒリすることもありました

肌が強ければ試して見るのもアリですが
わざわざ入浴剤で何とかしようとするよりは
他の方法でケアした方がいいと私は思います。

 

背中ニキビが悪化する?NGな入浴方法

背中ニキビと入浴

石鹸を選んだ
タオルも選んだ

次はいよいよ、お風呂の入り方(^^)

まず肌に悪い、背中ニキビに逆効果の
入浴法をチェックしていきます。

 

一つ目は温度ですね。
浴槽とシャワーの両方です。

温度が高いと皮脂を落としすぎるので
乾燥肌の場合は乾燥が悪化してしまいます。

食器を洗う時にお湯の方が
洗剤が落ちやすいのと同じで
温度が高すぎると油分を落としすぎるんです。

 

お風呂で痛痒くなったり
ヒリヒリしたら温度が高すぎる目安。

1~2℃下げて
肌と相談していきます(^^)

 

また刺激という点では
シャワーの水圧もチェック。

少し細かすぎますが
水圧MAXだと刺激が強すぎ。

 

洗って浮き出た汚れも
シャワーの水圧で押し戻されるので
ダラダラ出るくらいに調整した方がいいですね。

(シャワーだけで済ますのも
こういう理由から論外です)

 

三つ目は洗い方

ゴシゴシ洗うのは
ニキビの炎症が酷くなるのでダメ。

 

背中のザラザラ(角栓)は強く擦ると
ポロポロと取れることがありますが
それは治ってるわけじゃありません。

汚れだけを取りたいので
早く治したいからという気持ちと
洗う強さは関連づけないように!(;´∀`)

 

温度、水圧、強く洗う

どれも肌への刺激という点で悪いので
「今まで大丈夫だったか?」
振り返ってみてはどうでしょうか?

 

背中ニキビを治す為の入浴法のポイントは順番にある?

背中ニキビの入浴法

ではいよいよ入り方について。

入り方で一番のポイントになるのは
体を洗う順番です。

そこを中心に
お話ししていきますね(^^)

 

 

私はまず体を洗う前に
湯船に浸かります

簡単な汚れなら、それで落ちますし
浸かって温めることで毛穴が開いきますよね?

なので体を優しく洗っても
汚れを落としやすくすることが可能に(^^)

 

本当はいきなり入浴したいのですが
それはあまりにも急ぎすぎ(笑)

心臓にも負担かかりそうなので
水圧を弱くしたシャワーで流します

 

シャワーで軽く流す
→湯船に浸かる。

これを毎日、繰り返ししています。

 

その後、ホッコリ体が温まってから
湯船を出て、まずは洗髪

その後にニキビが無い箇所を
先に洗っていきます
(私の場合は足とか腰とか)

 

そして最後にニキビがある
顔やデコルテ、背中を洗う。

綿のタオルや手洗いで
優しく洗っていきます。

この順番にすることで髪の汚れや
シャンプーの洗い残しが体につくことを防げます

 

髪→体→洗顔→背中

私は、この順番にしています(^^)

 

そして体を洗った後、
最後にもう一度、湯船にゆっくり浸かります。

熱すぎない温度で長く入ることで
代謝を良くしたり
老廃物をデトックスすることが目的。

これでお風呂は終了。

 

お風呂から出た後は
体を拭きますよね?

この時は『拭く』というよりも
タオルを当てて水分を吸うイメージです。

ゴシゴシ拭かない様に
優しく押し当てていきます。

 

【背中ニキビ用の入浴法】

  • シャワーで優しく流す
  • お風呂に入る
  • 髪を洗う
  • 下半身を洗う
  • 顔と背中を洗う
  • 湯船に浸かる
  • タオルを当てて水分を取る

 

何年も試行錯誤して最終的に
こういう順番に落ち着きました。

 

私はアトピーも若干あって
それに背中ニキビもあるので

強い刺激を与えない様にすることを重視して
こういう入り方をしています。

 

「全て真似しろ!」とは言いません(;´・ω・)

「やってみようかな」
って思う箇所だけでも試して
肌の変化を見てもらうと嬉しいです。

 

お風呂上りの保湿は乾燥ニキビに必須!

乾燥ニキビ

お風呂での手順と同じくらい
私が重要視しているのは
お風呂上がりの保湿です。

どれだけ優しくしようと心掛けても
入浴後は肌も乾燥気味。
(特に冬はパリパリしてます。。)

 

そこで背中ニキビ専用の化粧水を使って
背中の保水を心掛けています。

ザラザラした感触も無くなったので
保湿力の高いクリームやジェル、
できれば抗炎症作用があるタイプ
を使いましょう。

詳しくは⇒『背中ニキビ専用の薬用ケアの選び方とは? 』

 

 

パジャマや肌着もタオル選びと同じく…

背中ニキビのパジャマ

入浴後から寝るまでの服装や
パジャマにも気を使っています。

…というのも何も考えずに
ヒートテックを使っていた時に
アトピーが悪化したことがあるから。

 

やっぱり服もタオルと同じで
綿100%のものの方が良いようです。

ニキビが改善されるわけじゃないけど
痒みや乾燥を防げて汗も溜まりづらいので
インナーも自然繊維を優先させました。

 

【復習】背中ニキビを悪化させない入浴法とは?

 

いかがでしたか?

少し長くなったので、苦笑
もう一度、おさらいしておきますね。

 

▼背中ニキビ用の入浴ポイント▼

  • 石鹸はクレイ石鹸や牛乳石鹸から試す
  • タオルは自然繊維の綿や絹、麻
  • 泡立てネットは◎、入浴剤は△
  • NGな入浴方法
  • 温度を高くしない
  • シャワーの水圧を強くしない
  • 強く洗わない
  • 入浴は洗う順番が最重要ポイント
  • お風呂上りは化粧水で保湿
  • パジャマもコットンがオススメ

 

 

今まで何となくお風呂に入っていたのなら
一度、これらの項目と照らし合わせて
肌に優しい入浴をしてみてはどうでしょうか?

 

ながながとお話ししましたが
最重要は肌に優しく汚れを落とすこと。

その上でリラックスしたり
疲れを落とせたら最高ですよね(*´▽`*)

 

次は自宅でできる背中のニキビケア
これを確認していきます。

入浴法以外でも気を付けたいポイントを
こちらにまとめてみました。

詳しくは⇒ 『背中ニキビを自宅で治す方法 』

 

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ