背中のザラザラはニキビの元凶?ざらつきをツルスベ肌に戻す方法

背中のザラザラ

背中にざらつきがあるんだけど何?

 

背中や肩、胸を触った時に
肌触りがザラザラすることがありませんか?

見た目にはわかりづらいザラザラ
放置しておくと悪化して背中ニキビになるかも!

 

ニキビを未然に防ぐ為に
背中のザラザラ対策として
自宅でできる治し方を考えてみました。

ザラザラが全然治らない時は
2つのケアがおすすめです(^^)

 

背中のザラザラの正体は角栓!背中がざらつく原因とは?

背中のザラザラの原因

まず、このザラザラは一体何なのか?
それをハッキリさせる必要があります。

私の背中がざらつく原因としては
主に2つあるので
一つずつお話ししますね。

 

原因① 毛穴の角栓がざらつきに?肌にNGな2つの習慣

 

一つ目の原因は角栓によって
手で触るとザラザラするケース。

※角栓とは?

毛穴に皮脂や角質が詰まること。
菌が毛穴に入るのを防ぐ機能があるがニキビの原因にもなる。

 

おでこや鼻、背中のTゾーンや胸など
皮脂の分泌が多い箇所にできやすいです。
(20代の男性に多いみたいです。)

 

皮脂が溜まったり古い角質が溜まったり
また汗や汚れを洗わないこと
角栓になりやすいとされています。

あとシャンプーやリンスが
背中をつたって流れるのも危険ですね。

さらにザラザラするからと言って
垢すりで体を強く洗ったり手で擦って芯を取る
肌を傷つけたり皮脂の分泌を促すこともあります。

 

ザラザラしてるからと
削ぎ落そうとする自宅治療は
スキンケアという点でNGですよ(>_<)

 

原因② それ以外でザラザラする原因にアトピーや乾燥も!

 

二つ目の原因として考えられるのは
肌の乾燥で肌触りがザラザラすること。

かゆみがあったり肌が赤いなど
炎症を起こしていると
こちらの原因の可能性が高いですね。

 

酷くなるとアトピーになるので
そうなったら早めに皮膚科に行った方がいいです。

(昔、背中にアトピーとニキビが両方できて
ニキビを治すのにメチャクチャ大変でした)

 

またアトピーにはならなくても
お風呂で体を強く洗ったり拭いたり
冬場で空気が乾燥してると余計にザラザラしがち。

背中の保湿や乾燥対策は
この2つ目が原因のザラザラに必須ですね。

 

あなたのザラザラ背中をサラスべ肌に戻す方法

背中のザラザラの治し方

角栓と乾燥

この2つが背中をザラザラにする
主な原因と言われています。

 

しかもこの両方がニキビに繋がりやすいので
今の内からケアしておくのがベスト

どうすればザラザラ肌が改善するか?
その方法をお話しします(^^)

 

ケア① 背中を清潔に保って毛穴の詰まりや刺激から守る

 

まず背中を清潔に保つために
汗と服、お風呂に気を付けます。

 

汗は背中に溜まりやすいので
コットンのキャミソールを着て
汗を吸湿通気するのがオススメ。

肌着に自然素材を選んでいれば
ファッション自体は今まで通りで構いません。

直接、肌に触れる箇所は
なるべくコットンやシルクがいいですが
気をつけすぎてもストレスかかるし(>_<)

 

お風呂の入り方に関しては
体を洗う順番や温度、洗い方や拭き方
今までと変える必要があります。

詳しくは次の記事でお話ししてるので
こちらを読むと役立ちますよ(^^)

詳しくは⇒『背中ニキビに悩む人の理想の入浴法』

 

ケア② 背中を保湿してザラザラにサヨウナラ

 

乾燥肌は放置すれば
肌を傷めたり、黒ずみの原因にもなります。

保湿をして背中を守ることで
肌触りも変わってきます。

 

▼保湿方法▼

  • お風呂で洗いすぎない
  • 拭く時は優しく
  • お風呂上りにローション

 

乾燥肌に良いクリームや化粧水は
ドラックストアに行けば見つかります。

軽度の乾燥肌なら1カ月ほどで
肌がしっとりしてきます。

背中ニキビ専用のタイプもあるので
自分の肌に合ったものを探しましょう。

詳しくは⇒『背中ニキビを保湿する薬用ケア商品の選び方

 

 

ただ重度で痒みがあるなら
市販薬は悪化する危険があるので
皮膚科がおすすめ。

自己判断は辞めてプロに任せましょう。

 

ザラザラは目立つわけじゃないので
隠すのは簡単で放置しがち。

でも再発しやすいしニキビになりやすいので
今日から対処して早めに治しておくと
背中をキレイに保ちやすいですよ。

 

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ