シャンプーのNG成分で背中ニキビに?正しい選び方と髪の洗い方

シャンプー

シャンプーの成分で背中ニキビ??

 

なぜか減らない背中のニキビ。

お風呂上りに背中に違和感を感じる場合は
シャンプーが原因かもしれません。

 

今回のテーマは
『背中ニキビの為のシャンプー選び』

  1. なぜシャンプーで背中ニキビになるのか?
  2. シャンプーの種類と危険な成分とは?
  3. 洗い方やすすぎ方で背中ニキビのケア

 

この3つの流れに沿って
背中ニキビとシャンプーの関係を見ていきます。

 

なぜ間違ったシャンプー選びが背中ニキビに?

背中ブラシ

なぜシャンプーを適当に選ぶと
背中ニキビになりやすいのか?

そこにはシャンプーの成分
これが関係していました。

 

もともとシャンプーとは
髪の汚れを洗い流すのが目的。

洗浄力がポイントになるのですが
商品の中には、その洗浄力が
強すぎるものがあります。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーが
髪を洗っている時に背中につくと
背中に必要な皮脂も落としてしまうんです。

これで背中が乾燥して
その箇所は菌が繁殖しやすくなる。
つまりニキビも出来やすいってこと。

 

またシャンプー自体が肌に刺激を与えて
痒みのキッカケになっていたり

またまた、シャンプーの成分が
背中の毛穴に詰まって
菌が繁殖する場所になったり…

詳しくは⇒『痒みがある時の背中ニキビのケア

 

  1. 乾燥
  2. 刺激(かゆみ、痛み)
  3. 毛穴への詰まり

 

このようにシャンプーを安易に選んで
ボーっと髪を洗っていると
背中ニキビが出来やすい肌になるんです。

 

では、具体的にどんなシャンプーに
気を付けないといけないか?

シャンプーの種類成分を見ながら
確認していきましょう。

家のシャンプーの成分表を見ると
シャンプー選びが間違ってないかわかりますよ。

 

シャンプーの種類とそれぞれに入ってる成分を確認

パソコンで調べる

シャンプーを大きく分けると
3つのグループに分かれます。

それぞれにメリットとデメリットがあるので
成分や特徴を確認してみましょう。

 

① 安価で洗浄力が強い『高級アルコール系シャンプー(石油系)』

 

昔は石油系と言われていたシャンプー。
市販されてるシャンプーは大体コレです。

安価で汚れをしっかり落とせて
香料肌触りを良くする成分
一緒に含まれていることが多いのが特徴。

ただその反面、洗浄力が強すぎて
先ほど言ったような乾燥や
刺激に繋がりやすいのがデメリット。

 

成分表の中に『ラウレス硫酸』や
ラウリル硫酸』という表示があると
それは強い成分(界面活性剤)になります。

界面活性剤は汚れをしっかり落とすのですが
必要な油分も一緒に落としやすいです。

すでに背中がカサカサしていたり
痒みがあるなら、このシャンプーは
次からは買わない方がいいです。

 

② 洗浄力が強く自然派の人に人気の『石鹸シャンプー』

 

名前の通り石鹸をベースに作られたシャンプー。
こちらも洗浄力が高いのが特徴です。

商品の成分表に『石けん素地』や『石けん分』、
脂肪酸ナトリウム』や『脂肪酸カリウム』etc
こういう名前があると石鹸シャンプーと言えます。

 

頭皮の刺激は強くないですが
洗浄力が強いので洗いすぎに注意

高級アルコール系と比べて
コーティング作用が無いので
髪が弱いタイプならオススメしません

 

③ 肌に優しく乾燥しにくい『アミノ酸シャンプー』

 

最近、肌が弱い人に注目されてる
アミノ酸シャンプー。

弱酸性なので髪にも肌にも優しく
頭皮が乾燥していても使えます。

 

なので洗髪中に髪が背中に当たっても
シャンプーの成分が背中に流れても
他の2種類と比べて影響が少ないと言えます。

成分表に『ココイル』とか『ラウロイル
…という名前があればアミノ酸系と言えます。

 

洗浄力を一定以上は保ちつつ低刺激

これがメリットになるのですが
ネックになるのが値段

メチャクチャ高いです(;^ω^)
4000円くらいするものもあって
商品選びに苦労するのがデメリットですね。

 

 

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けんシャンプー
  3. アミノ酸シャンプー

 

この3つがあり、それぞれ洗浄力や
肌への刺激に違いがあります。

 

【補足】 毛穴の詰まりになりやすい成分もチェック!

 

先ほどはシャンプーの種類別で
洗い落とす強さや刺激を分けましたが
それとは別の見方があります。

それは毛穴の詰まり

 

さっきも言った通り
背中の毛穴が詰まりやすくなると
ニキビになりやすくなっちゃいます。

なので刺激の強さとは別に
詰まりやすい成分はないかも確認しましょ。

 

気を付けたいのがリンスや
コンディショナーの油分ですね。

たくさん油分が含まれてると
毛穴に入り込んでしまいます。
(そういう意味では整髪料も注意)

 

またシリコン系の成分も同じく
毛穴を防いでしまうので要注意。

ジメチコン』や『シクロメチコン
シロキサン』といった成分がシリコンになります。

 

このように背中への刺激や
ニキビのリスク、価格によって
シャンプーの選び方は変わります。

シャンプーにこだわるなら
肌への刺激が少なく毛穴も防がないもの。

つまりアミノ酸シャンプーで
ノンシリコンのシャンプーを選ぶと良いです。

 

スーパーのシャンプー売り場に行くと
ノンシリコンやアミノ酸も売ってるので
そこから選ぶと良いですよ。

(個人的にはコーセーちふれがオススメ)

 

さて何を選ぶかはとても大事ですが
それと同じくらい重要なのが
背中ニキビが出来にくい髪の洗い方です。

間違った洗い方をしていると
シャンプーを自分の髪や肌に
合ったものを選んでも台無し。

入浴中の髪の洗い方
これをサラッと確認しておきますね。

 

背中ニキビを防ぐ洗髪の3つのポイント

髪の洗い方

3つのポイントを抑えとくだけで
背中へのシャンプーの影響は抑えられます。

一つ目はしっかり泡立てること

これで少ない量で済ますことができ
すすぎ残しも出来にくくなります。

 

二つ目のポイントは洗う順番ですね。

シャンプーやリンスの
すすぎ残しが背中に残ると
ヒリヒリして刺激や乾燥に繋がります。

なので髪を洗ってから体を洗い湯船に浸かる
その後、もう一度、シャワーで洗い流してから
浴槽を出ると背中へのすすぎ残しが無くなります。

 

もちろん、その後は背中を保湿して
お風呂上りの乾燥に潤いを与えてあげる。

背中のニキビを増やすことなく
髪の汚れをしっかり落とすことができます。

詳しくは⇒『背中ニキビ用の化粧水選びとオススメ

 

 

最後のポイントは乾かすこと

お風呂上りになるべく早く乾かすことで
背中にベットリ髪がひっついたり
蒸れて雑菌の居場所になるのを防ぎます。

 

  1. よく泡立てから使う
  2. 髪を洗ってから体を洗う
  3. 髪は早く乾かす

 

この3つを守っていれば
シャンプー選びにこだわった努力が報われます。

もし守らないとシャンプーの種類を何にしても
背中にブツブツ…なんてことになるので注意。

 

今回は背中ニキビがある時の
シャンプーの選び方と髪の洗い方
この2つをお話ししました。

次は本格的な背中ニキビの治し方
これを確認していきますね。

次はこちら⇒『背中ニキビを治す方法~自宅ケア編~

 

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ