面倒な人へ!背中ニキビを楽に減らす簡単ケアとは?

背中ニキビのケア

もっと簡単な治し方ってないの?

 

  • 食生活を改善
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを減らす

 

言ってることは確かに正しい。
でもやるのは大変だし続かない

そんな面倒くさがりの人へ!
今回は『簡単に出来る背中ニキビのケア』
これを考えてみました。

 

たくさんある背中ニキビの治し方から
簡単に出来ること、続けやすいこと
これを優先して選んでいます。

ニキビに効く薬や飲み薬から
入浴剤や基礎化粧品などなど

いろいろなケアから
『手軽に出来るモノ』を見つけていきませんか?

 

簡単に治す方法① 今日から『しないコト』をする

背中ニキビの治し方

  • 手間がかからない
  • 簡単で続けやすい

そんな治し方の一つ目は
しないことを意識する

 

問題を解決するのは
何かをするイメージがありますが
それだけではありません。

今までしてたコトの中で
背中ニキビを招いていたものがあれば
それを『しない』だけでニキビケアが出来ます。

 

例えば『指でニキビを触らない』
背中にニキビアがあると気になって
ついつい触っちゃいますよね?

でも指は雑菌だらけですし
爪で引っ掻いてニキビが潰れることも…

だから悪化を防ぐ意味でも
ニキビに触らないというのは大事です。
(あと爪は切っておきましょう)

 

あとはお風呂の『しない』に関して
強く洗わないというのもポイント。

背中にニキビがあると
洗い落としたくて
タオルでゴシゴシ洗っちゃいます。

これもニキビを刺激して
腫れたり長引かせる原因になるので
早く治す為にも辞めた方が良い(;^ω^)

 

最後の『しない』はファッション。
合成繊維の肌着は着ない
これも背中ニキビのケアになります。

合成繊維は丈夫で値段が安いけど
肌には優しくない。

だからニキビが背中にある時は
チクチクしないように『着ない』ようにします。

 

このように背中ニキビを
簡単に治す方法として『しない』を意識する。

何かをする前に『しないコト』を決めると
簡単でスムーズなケアが出来ますよ(*´ω`*)

 

簡単に治す方法② 背中のニキビケアでお手軽に出来るもの

背中のニキビを治す方法

  • 触らない
  • 強く洗わない
  • 合成繊維の服を着ない

 

この『しない』をした上で
その次に『するコト』を見つけていきます。

 

基本的に新しく行動するのは面倒で
簡単に出来るものは少ないですが
その中でも比較的、手軽に出来るケアを考えました。

興味があるものだけでも
今日からやってみてはどうですか?

 

一度したら、ずーっと効果があるもの

 

まずは習慣にする必要がないもの
これは簡単に出来るものが多いです。

共通点は『変える』ですね。
『しない』の次は『変える』

 

例えばさっきのように合成繊維の肌ではなく
コットンなどの自然繊維に変えるとか。
(あと洗剤や柔軟剤も。)

タオルや石鹸も背中に刺激があるので
肌に優しい素材や成分に変えるとか。

 

布団も蒸れない様に
通気性があるタイプに変えたり

シャンプーもノンシリコンにして
背中にシリコンが残らない様に変えたり…

 

こんな風に一度だけ変えると
その後は普段通りの生活でOK

そんなニキビケアを探すと良いですよね。
これなら一度だけで簡単ですし
効果は長続きするのでありがたい( *´艸`)

 

習慣の中でも一発でニキビケアが可能なもの

 

『しない』『変える』
その次は『~だけ』を考えてみました。

これは習慣化しないと効果がないもの。
継続するのは難しいけど
その中でも簡単に続けられるものが
『~だけ』のものなんですね(^^)/

 

例えば『塗るだけ』
お風呂上りに背中の乾燥を防ぐ為に
化粧水や美容液を塗るだけで保湿する。

背中のニキビの腫れを引かせるために
オロナインやビフナイトを塗る。

詳しくは⇒『赤い炎症した背中ニキビの改善方法

 

あとは『飲むだけ』

炎症を抑える漢方やビタミンのサプリメント
抗菌薬や抗生物質などの錠剤を飲むだけで
背中のニキビケアが可能なものもあります。

このように続けないと効果がでないものも
『◯◯するだけ』と考えれば
ハードルが下がって続けやすいです。

 

今回は背中ニキビを治す為の方法で
簡単に取り組めるものを選びました。

『しない』『変える』『だけ』

この3つの言葉を意識して
簡単で効果的な方法を始めましょう(^^)

次はこちら⇒『背中ニキビを家でケアする方法

 

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ