背中ニキビにビタミンC誘導体は良い?ニキビ肌への効能と使い方とは?

ビタミン

ビタミンCと何が違うの?

ニキビやニキビ跡のケアをしてる時に
よく聞く成分に『ビタミンC誘導体』があります。

  • この成分がニキビの何に効くのか
  • どんな効能があるのか
  • どんなニキビに使うと効果があるのか

 

自宅ケアでは欠かせない化粧水や美容液で
この成分が含まれた品を買うかどうか…

その判断に役立ててください(^^)

 

ビタミンC誘導体とは?背中ニキビへの効能

背中ニキビ

そもそもビタミンC誘導体とは何か
ビタミンCとの違いを含めてみていきます。

 

一言でいうとビタミンC誘導体とは
『肌にしみ込むビタミンC』のこと。

もともとビタミンCは
美容や美肌に効果のある栄養素ですが
肌にしみ込ませるのは不可能なんです。

 

だから肌にしみ込むように
人によって加工したビタミンC。
これをビタミンC誘導体と言います。

このビタミンC誘導体は肌にしみ込むことで
メラニン色素を抑制したり抗炎症作用や
皮脂の分泌を抑制するなど美肌効果が抜群

 

ニキビケアで言うと
ニキビ跡のシミや色素沈着をケアしたり
赤いニキビの炎症を抑えたり

さらに皮脂が多い箇所に塗って
ニキビの予防が期待できます(^^)

 

そしてビタミンC誘導体は特性から
水溶性と脂溶性の2つに分かれています。

※ビタミンC誘導体の種類

水溶性ビタミンC誘導体…化粧水や美容液に含まれて比較的、即効性がる
脂溶性ビタミンC誘導体…乳液・クリームに含まれて、即効性はないが肌に浸透する力がある

 

ここまで聞くと万能の成分に思えますが
ここで注意点が一つ。

それが乾燥肌、敏感肌の人です。

 

皮脂の分泌を抑制する作用があるので
もともと肌が乾燥してるタイプの人が使うと
より肌を乾燥させてしまうことがあります

ドライ肌の場合は使用上の注意をよく読んで
パッチテストの様に腕に塗って
肌への影響を見てみると良いですよ。

 

まとめるとビタミンC誘導体という成分は
赤く炎症したニキビが多くできるなら
治す為の強い味方になってくれるということ!

では使うタイミングはいつ塗ればいいのか?
効果的な使い方について考えていきましょう。

 

ビタミンC誘導体を使うタイミングは?

ビタミンC誘導体

使い方としては塗るだけで簡単♪

タイミングとしては
入浴後が良いかなと思ってます。

詳しくは⇒『背中ニキビがある時の入浴法

 

洗顔→化粧水→乳液

この流れでビタミンC誘導体を含む商品を使って
炎症ニキビをケアしていきましょう(^^)

 

また、赤ニキビの上から
ビタミンC誘導体を含ませたコットンで
パックをするのもオススメです。
(乾燥肌の場合はダメ)

自然に炎症が引くのを待つよりも
早い効果を期待できます。

 

ビタミンC誘導体が含まれたオススメの化粧水は?

化粧水

多くの化粧水や美容液に含まれているのですが
選び方には注意をしておいた方が良いですね。

それは先ほどから言っている乾燥

肌が乾燥すると刺激に弱くなるので
せっかく赤ニキビをケアしても
新しいニキビのリスクが高まります。
(これだと意味なし)

 

だからビタミンC誘導体を含む化粧水の内
保湿力が高いもの、低刺激なタイプを選ぶのがベスト

それで乾燥というデメリットを防ぎつつ
ビタミンC誘導体の抗炎症作用や
皮脂分泌抑制作用の効果を発揮させてあげます。

 

個人的にはビーグレンがオススメですね。

ビタミンC誘導体を含んだCセラムや保湿ケアなど
4ステップでニキビケアが可能です。

 

背中以外にも顔などにも
赤いニキビが出来るなら

ビーグレンのトライアルセットで効果を確かめてから
継続して使うか決めると損しませんよ(^^)

 

今回は背中ニキビに
ビタミンC誘導体は効くのか?
これをお話ししていきました。

肌が弱くなければ
一度、試して見るといいです。

 

次は背中ニキビの原因と治し方について
もう少し詳しく見ていきますね(^^)

次はこちら⇒『背中ニキビを招く3つの原因

次はこちら⇒『背中ニキビの治し方~家でケアする方法~

 

 

コメント